HAS-Gは羽田空港で各種の高品質な航空機地上支援業務を行うプロフェッショナル企業グループです。We provide various high quality ground handling service at Haneda Airport.

業務案内

国際線旅客業務

外国航空会社の出発カウンターで搭乗手続き(チェックイン)を担当致します。 搭乗口(ゲート)では出発便のアナウンス、搭乗者数の確認を行い定時出発を目指します。 また到着便では乗り継ぎのあるお客様のケアや手荷物のスムーズな引き渡しに努めます。 お客様と直に接する業務の為、接遇力と語学力が求められます。

  • 搭乗手続き(チェックイン)カウンター業務
    • 座席指定・搭乗券の発行
    • パスポート・VISAの確認
    • 受託手荷物の内容物確認・タグ発行
    • 機内持ち込み手荷物の内容確認
    • 超過手荷物料金の案内
    • 搭乗口・搭乗時間の案内など
  • 搭乗口(ゲート)業務
    • 搭乗旅客のパスポート再確認
    • 搭乗者数のカウント
    • 未搭乗旅客の捜索
    • 客室乗務員への旅客情報引継
    • 税関や入国管理局への報告等
  • 到着業務
    • 国内線・国際線への乗り継ぎのお客様案内
    • 入国管理審査通過の補助
    • ターンテーブルでの手荷物引き渡し時の未着・破損手荷物の対応
    • 税関検査通過の補助
    • 事故手荷物の代理通関
    • 別送品申告書の作成など

航空手荷物取扱業務(国際線カウンター内)

国際線出発カウンターでは、お客様の手荷物をお預かりするサポート業務を行っています。到着口では、到着手荷物を受け取るターンテーブルのところで、到着手荷物の整理を行うとともに、ベルトコンベアーでは流せない大型の手荷物を運搬します。お客様と身近に接するので、お客様へのホスピタリティが欠かせません。

  • カウンター補助業務
    • 国際線出発カウンターでは、お客様の手荷物をお預かりするサポート業務を行っています。全日空の国際線出発カウンター内で、手荷物の取扱を行います。ベルトコンベアーで流すことができない荷物は、直接仕分け場まで運び入れることになります。
  • エスコート業務
    • 国際線でのお手伝いが必要なお客様のエスコートを行う業務です。
  • 到着手荷物取扱
    • 到着のお客様へ手荷物を返却する際、ターンテーブルそばで返却作業の補助を行います。到着されたお客様の時間を無駄にしないよう、チームワークをとって正確・迅速に作業が進行するよう、こころがけることが大切です。

手荷物仕分搬送業務(国際線)

出発カウンターでお預かりした手荷物を行先別に仕分けてコンテナに積み込み、特殊車両で駐機場まで搬送する業務です。時間に追われながら、安全、確実な作業を求められるので、チームワークが大切です。
また、到着便ではコンテナの中に入っている手荷物を、いち早くお客様にお返しするため、飛行機から降ろされたコンテナを、特殊車両でターミナルの到着手荷物取扱所まで搬送し、あらかじめ決められた優先順に手荷物の取り降ろしを行います。お客様をお待たせしないため、安全、確実でスピーディーな作業が求められます。ここでもチームワークが大切になります。


  • 出発手荷物専用コンテナへ積み付け
    • カウンターからベルトコンベアで運ばれてきた手荷物を、行き先別、優先順に仕分け、それぞれのコンテナへ積み付けます。行き先に確実に手荷物が着くよう、取り付けられたタグと積み付けるコンテナの行き先を間違えないように充分注意しなければなりません。

  • 専用コンテナの搬送
    • 手荷物を積んだ航空機搭載専用のコンテナを、機側(駐機中の航空機のそば)まで、特殊車両でけん引します。
      ドライバーはけん引車両の特性を頭に入れ、接触事故が起きないように慎重に作業を行う必要があります。
  • 機側での引継
    • 駐機中の航空機の行き先、コンテナ内の手荷物数など、機側の搭載担当者と確実に相互確認を行います。
      お客様が行き先に到着した時に、手荷物も一緒に到着している。あたまりまえのことを、あたりまえに支えていくのがプロの仕事です。
  • 到着手荷物のお客様への返却
    • 到着した航空機から取降ろされた手荷物用コンテナを、手荷物返却場まで搬送し、ターンテーブルへ流します。お客様を待たせることなく、迅速、丁寧に作業を進めていきます。

機内サービス品準備業務(国内線)

航空機内で客室乗務員がサービスするカート内へ、機内サービス品(飲食物)を事前にセットします。また、到着便から取降ろされた使用済みの物品の洗浄・入れ替え・補充業務も行っており、機内サービス品の回収から再準備までの一連の作業を、一貫して行っています。現在約100名の仲間がこちらのセクションで活躍しています。

  • 食器類洗浄業務
    • 機内サービスで使用した食器、ポット(コーヒー用・スープ用など)を、大型の業務用食器洗浄機で洗浄します。
  • 取降しカートの整理業務
    • 到着後の航空機から取降ろされた機内サービス用カートの整理を行います。洗浄の必要があるものは洗浄エリアへ、再生するアイテムは再セットエリアへと、それぞれ区分し、取扱います。
  • 搭載物品の準備業務
    • 取降ろされた機内サービス用カートの内容物を再度セットし直し、出発の航空機へ搭載するために準備を行います。羽田空港発着の全日空国内線の全てのサービスカートを取り扱うため、カートの数は非常に多くなります。
  • サービスカートへの再セット
    • 出発の航空機へ搭載するカートの内容物をセットします。機内サービスに必要なものが不足しないよう、引き渡し前に内容の確認をしっかりと行う必要があります。

機内サービス品準備業務(国際線)

ただいま準備中です。公開まで、今しばらくお待ちくださいませ。

給油業務(制限区域内)

空港制限区域内では、航空機の安全な運航を実現するため、さまざまな特殊機材や特殊車両、いわゆる地上支援設備(GSE:Ground Support Equipment)がさまざまな種類の油脂を動力源として活躍しています。これらの各種GSEに対し、移動方式もしくは固定給油施設であらゆる種類の油脂の給油や注油の業務を実施しています。

ただし、街中で見かける一般的なSS(=ガソリンスタンド)での給油とはあらゆる面で異なっております。その理由ですが、これらのGSEは構造が特殊なだけではなく、一度に取り扱う数量が非常に大量であるからです。したがって、常に高い緊張感のもと安全性を保ちながら業務にあたっております。

また、「安全性」と同時に「安定性」も非常に重要な要素であり、空港内の油脂供給が途絶えることのないように、さまざまな情報ソースを元に、常に需給バランスを意識して業務にあったっております。

また、動力用以外の油脂、たとえばホワイトガソリン、イソプロピルアルコールやナフサなどの極めて危険度の高い引火性液体、さらには航空機用オイルなども扱っており、絶対的に安全確保が求められる制限区域内において、全員が危険物取扱者の国家資格をはじめ、さまざまな資格を持つプロフェッショナルが活躍しています。

  • 制限区域内ならではの各種地上支援設備
    • エア・フィールドには航空機の運航を地上から支援するさまざまな特殊機材が存在。その一部の機材や設備などは各種油脂を動力源としています。
  • 固定給油作業
    • 写真は航空機をプッシュバックするための特殊車両。なかには一度の給油量が千リットル近くに達する車両も存在します。
  • 絶え間なく無数のGSE車両が活躍している様子
    • 羽田空港の制限区域内では、数千台の特殊な車両が所狭しと活躍して航空機の運航を地上からサポートしています。
  • 出張給油
    • 自走ができない、もしくは自走が困難なGSE車両に対しては、定期巡回もしくは不定期で制限区域内の定位置まで移動して給油を行います。

送迎バス業務

委託を受けて従業員送迎バス業務を行っています。空港内外で「ANA」のロゴが描かれた車両を運転する為、エアラインのイメージを損なわないよう、常に安全第一を心掛けて運行しています。

食品運搬業務

徹底した衛生管理のもと、羽田と成田との空港間で食品の運搬業務を行っています。空港内外で「ANA」のロゴが描かれた車両を運転する為、エアラインのイメージを損なわないよう、常に安全第一を心掛けて運行しています。

その他、航空・物流関係(空港内外)9事業所への派遣事業を行っております。