羽田空港サービスグループ

羽田空港サービスグループ

FAQ

会社

職場の雰囲気について

事業領域が年々拡大し、組織人員も毎年増加している関係で、社員の平均年齢は32歳と全般的に若い人が多く、若い時から様々な業務にチャレンジしてもらい、活気があります。またチームワークが求められる仕事ですので、年齢の上下や経歴に関係なく何でも話せる雰囲気を大事にしています。一方で、航空の安全や保安、さらに定刻出発にも直結する仕事ですので、教育や訓練では厳しさもあります。

仕事のやりがいは?

航空機は、1便が出発するまでに様々な状況が発生し、定刻で出発させるには多くの人の協力と知恵と努力が必要です。また安全に空を飛ぶためには多くの規程をクリアする必要があります。それに加えてお客様の多様なニーズにも応えていく必要があります。1便を飛ばすために、そういった多くの努力が求められるがゆえに、お客様にとって満足のいく空の旅が実現できた時に、ほっとするとともに、やりがいを感じます。めったにないような困難な場面も、それをチームで乗り越えた経験が良い思い出になったという話を、職場ではよく聞きます。

どんな人が向いていますか?

空港での仕事は、安全性・定時性・快適性を使命として、アクティブに立ち動くことの多い仕事です。デスクに座っているより、体を動かしている方が好きだという方に向いているといえます。シフト勤務でもあり、ある程度の体力は必要です。また、関係者と協力しながら様々な状況に対処する場面も多く、グループ活動やチームスポーツなどが好きな方にも向いているといえます。グランドハンドリングは屋外での仕事であり、夏の暑さや冬の寒さなどに慣れていただく必要があります。

採用全般

入社までに必要な資格はありますか?

グランドハンドリングでは、普通自動車運転免許(オートマ可)が必須です。国際線のグランドスタッフでは、英語圏のお客様とのコミュニケーションに不自由しない語学力(TOEIC 600以上目安、又は英検2級程度以上)が必須となります。詳細は面接にて判断をさせていただきます。国際貨物インサイド業務では、英検準2級程度の
英語力が必要です。

配属希望は通りますか?

職種ごとに選考させていただき、その職種の中での配属に関しては希望はお伺いしますが、ご本人の適性や事業計画上の観点等を加味して、最終的に決定させていただきます。

OB・OG訪問は出来ますか?(新卒採用)

社員の個人情報保護の観点から、ご紹介をしておりませんので、ご了承ください。

未経験でも応募出来ますか?(中途採用)

ほとんどの先輩たちも未経験からのスタートでした!
前職も、事務スタッフ、営業、教師、自衛隊員、警察官、鉄道関連など、様々な職種から転職して、活躍しています。
必要な知識・スキルは、入社後の研修・訓練で段階的に身に着けていただきます。

外国人の採用について

就労ビザ所有を前提に、採用しています。

就業形態・キャリア

残業はありますか?

当社では、残業に頼らない生産体制を基本として必要な人員を採用していますので、月間トータルで5時間程度の残業時間となっています。

キャリアステップについて

各職種とも、訓練を経て各種資格を取得しながら、平均で2年~3年かけて現業の責任者やコントローラー等のポジションもこなせる“一人前”になっていただきます。2年目以降はインストラクターとして新人指導や、業務の品質改善などの担当業務も増えていきます。その先は適性や意欲により、サブチーフ(スーパーバイザー)・チーフ(アシスタントマネージャー)・マネージャーといった役職に就いて、マネジメント能力を磨いていただきます。誰でもなれるわけではありませんが、組織が拡大している当社では、早い人で入社4年目にサブチーフに、さらに30歳までにマネージャーに就く人もいます。役職について実務経験を積みながら、会社と共に社員が成長してくれることを大事にしています。 ( )内は旅客サービス職の役職    キャリアステップイメージのページもご参照ください。

メンター制度について

入社後は、インストラクターによる実務訓練とは別に、新入社員が新しい職場や人間関係にスムーズに馴染み、各自が持っている力を仕事で発揮できるよう、職場の先輩がメンターとして約半年間サポートします。メンターは入社2年目以降の社員から選ばれ、メンター研修を受講後、新人のメンターとなります。後輩のサポートをすることは自らの成長にもつながります。

入社後の異動について

配属された職場で2~3年かけて、一人前になっていただくことが基本で、その後は、本人の適性や希望を考慮して、他職場に異動して経験の幅を広げていただく異動も行っています。事業領域が毎年広がっている当社では、新規業務の立上げメンバーになっていただくこともあります。

待遇・福利厚生

年間休日数は?

羽田空港サービス㈱、羽田空港グランドサービス㈱、羽田空港グローバルサービス㈱では、年間95日。羽田空港国際旅客サービス㈱、福岡空港サービス㈱では101日です。休日数は多くありませんが、残業を少なく、また勤務から勤務のインターバルを長く確保し、ご自身のプライベートな時間を大事にしていただくようにしています。

勤務体制(時間)について

各職種ともシフト勤務が前提となっており、早番・遅番・夜勤・明けと、各勤務で出勤時間と退勤時間が違います。一方、基本的な勤務パターンが決まっていますので、翌月以降の予定も立てやすくなっています。勤務表は、前月の下旬に配布され、そこで出勤日と、出勤時間・退勤時間が確定します。平日が休みになるパターンが多くなりますが、役所や病院などに行きやすい、平日の割安での旅行等、使い勝手が良いとの声も職場から多く聞かれます。

出産・育児支援について

女性社員の増加に伴い、法定の産休・育休に加えて、懐妊休業制度を導入いたしました。懐妊後はいつからでも希望に応じて出産休業に入っていただけます。産後は子供が満1歳になるまで休業が可能です。育児時短制度では、子供が小学4年に進級するまで、短時間勤務を選択いただくことが可能です。

寮や社宅について

空港近隣で、単身用の借上げ社宅 (寮)を用意しています。空き室がある場合、希望者にご入居いただいています。

上記以外のご質問は、人材開発部まで、ホームページのお問い合わせフォームよりご連絡ください。